宮崎洋史のブログ

テーマを設けず書いてます。

「第二の野球」に出会ったら

calendar

reload

「第二の野球」に出会ったら

もし、この世界に野球がなかったら。
その世界に生まれた人は野球というゲームを考えつくだろうか?

No、なんじゃないかな。

ボクシングとかサッカーは、それがない世界に生まれても、考えつく可能性は高いと思う。「殴り合う」とか「ボールを蹴ってゴールに入れる」というのは直感的だから。けど、野球の複雑なルールを考えつく可能性ゼロに近い気がする。

野球というゲームが生まれ、多くの人に愛され、それによって生計をたてている人がいる状況って奇跡だ。

ここで僕は思うのです。この世界には未だ発見されていない「第二の野球」があるんじゃないかって。それがスポーツなのか、他の何かなのかは分からないけど、多くの人に愛され、それによって生計を立てることが可能になるようなものはあるんじゃないかって。

「第二の野球」という新規のアイデア。

自分がそれに出会ったとき、即NG出さないようにしたいな。
自分がそれを考えついたときは、多くの即NGを食らうだろうが、落ち込まずに進みたいな。

こんなことを考えた日本シリーズ第一戦の夜でありました。