宮崎洋史のブログ

テーマを設けず書いてます。

個人情報を見透すターミネーター視点アプリ

calendar

reload

先週末ニューヨークでハッカソンが開催され「ターミネーターの視点を可能にするアプリ」が優勝しました。文字で説明するよりビデオを見てもらった方がそれがどんなモノなのか分かると思うので、まずはコチラをご覧ください。


Terminator Vision from Rich Cameron on Vimeo.

このアプリが動く仕組みはこうです。

  1. 被写体の顔を自動認識する
  2. 認識した被写体の個人情報を、Facebookアカウントから入手する
  3. その個人情報を映像にオーバーレイして表示する
顔認識技術の存在は知っていましたが、それがiPhoneに実装できるとは。
驚きました。

作者は、このアプリは商標の問題がありAppStoreへ申請できないと言います。「ターミネーター」という語を使うのを止めればOKの気がしますが、作者が申請するつもりがないなら、ま、話はそこまでですね。
また、仮にAppStoreに申請され許可れたとしても、このアプリは既存のFacebook友達の個人情報だけしか入手できないので、街を歩く他人の個人情報を盗み見ることはできません。そういう意味では安心なアプリと言ってヨイでしょう。

ただ、ちょっと気になったのでググってみると、こんな商品が既に売られてたり、販売予定だったりします。

「顔認識 + 個人情報取得 + 眼鏡型ビデオカメラ + シースルー型ヘッドマウントディスプレイ」→これら各要素技術が進化を続け小型化が進むと、目にする人の個人情報を自動取得する眼鏡が作れちゃいますね。
未来は、異業種交流会に参加する際、この眼鏡は必須アイテムになるかもなー。